機械設計

設計は考える事から始まります。まずユーザーがどんな機械を望んでいるかを聞き、将来どう変化し、対応していくのかを模索します。
そのためには日々刻々と進む技術革新を把握し、最大限の情報を収集します。そして現在と未来に即した最良の機械を設計します。
試行錯誤を繰り返すこと、話し合いを多く持つこと、妥協しないこと、それがいい機械をつくる秘訣です。

自動化の設計には機械のメカニズムを設計する機械設計とシステムの回路設計・電子制御・応用ソフトを開発する電気設計があります。ハードとソフトの両翼の設計にCADを駆使して、あらゆるニーズに対応するタイムリーな設計に取り組み、新時代にチャレンジする機械を設計しています。